子連れでマレーシア レダン島ターラス(THE TAARAS)滞在記➁ パッケージの内容とお部屋の様子。絶景ジャグジーが最高すぎる!

スポンサーリンク
未分類

マレーシア レダン島 ターラスビーチに家族で行ってきました。トラブルあり貴重な体験ありの滞在記を、時系列でお伝えします。レダン島旅行予定の方、検討中の方、要チェックです!

ターラス(THE TAARAS)にチェックイン

前回の続きです。

フライトのトラブルを乗り越え、ついにチェックイン。15時半頃到着しました(予定より3時間遅れ・・・)。

ロビーはこんな開放的な雰囲気。マレーシアってこういう風が通り抜ける作りの建物が多くて、本当に気持ちいですが、四季のある(そして台風も来る)日本ではあまり好まれない作りですよね。窓が無い部屋だったら冬は寒くて座ってられないですもんね。

ウェルカムドリンク。ライムと塩が効いたジュース、飲むと疲れが取れました。コップの底に石が入ってました。何か意味があるのかな!?聞きたかったけど皆忙しそうで聞けませんでした。

チェックインはものすごく時間が長かったです!なぜなら施設の説明やアクティビティの説明など細かく話してくれるので・・。ターラスを満喫するにはしっかり聞いておく必要があります。

レダン島のホテル事情

レダン島といえばターラスという位有名ですが、レダン島のホテルはこのターラスだけではありません。一番快適そうなのがターラスなので日本人には人気ですが「Laguna Redang Island Resort」などもよさそう。

でも安いところだとちょっと子連れでは宿泊できないようなレベルの宿も多いのでご注意を(笑)

ザ ターラス ビーチ & スパ リゾートの値段を見てみる【Expedia】

ラグーナ レダン アイランド リゾートの値段を見てみる【trip.com】

お部屋の様子 Two-Bedroom Bayview Suite

今回、Two-Bedroom Bayview Suiteというお部屋に泊まりました。

ロビーがある建物とは違う建物に客室があるので、10分程歩くかバギーで送迎してもらう感じになります。部屋からバギーを呼びたい時は部屋から電話をすればすぐ来てくれます(バギーを呼ぶのは子供達の仕事になりました)。

2つの客室をコネクティングで使わせてもらったので(中の扉で行き来できる)広々でした。138㎡のお部屋で、ベッドルーム2つとリビングルーム1つ。バスルームとトイレは2つずつと、さらに美しい海を見ながら入れるジェットバスありました

部屋にはクーラーとシーリングファンがあり快適でした。

お部屋の雰囲気をお見せする為に、写真をいくつか載せます。

心地の良いベッドルーム。もう一つのお部屋にはツインベッド2つ
各部屋にテレビがあります
中央にはリビングルーム
リビングルームも広々
もりもりのウェルカムフルーツ。
ペットボトル入りお水が沢山あるのはありがたかった
コーヒーメーカーと電気ケトル 
あっ、やぶ北ブレンドまである!
サクサクで美味しいクッキーは毎日届けてくれました
冷蔵庫の中にあるジュースは飲み放題。スタバありがてぇ。
このようなバスルームが2つ
バルコニーにも寛げるイスあり

そして、この場所が私の一番のお気に入りでした↓

なんだこの天国のような空間はー-!こちら、絶景を見ながら湯船につかれるジェットバスでございます!テレビ付き。

ヘチマっぽいスポンジもありました

この景色が部屋から見放題ってやばくないですか!?修正なしでこの海の色ですよ。この旅ほど、部屋から景色を見続けた旅行は今まで無かったかもしれません。

ターラスのパッケージ内容

前回の記事で、今回はターラス公式HPからフライト込みのパッケージを予約したと記載しました。FUNTASTIC FAMILY STAYCATIONというプランでしたが、下記のものがパッケージに含まれています。

➀Free wifi. Welcome Hygiene Pack
➁Food & Beverage credit worth MYR250 nett per stay (Applicable for dine in only)
➂Complimentary Sand Castle Bucket Set (Gift Away) for kids in room
④Family Cooking Class
⑤Welcome Cocktail with canapes
⑥Take Me Home T-shirt, Beach Hat & Beach Bag Memorabilia
⑦Complimentary Kayaking for an hour per stay
⑧One-time complimentary Minibar per stay
⑨One-hour recreational activity daily , (applicable for Turtle Discovery Snorkeling Experience or non-motorised activities only).

➀無料のWi-Fiと衛生用品(←そういえばどこにあったのか気づかなかった)

➁1滞在につきMYR250相当のフード&ビバレッジクレジット(すぐ使い切った)

➂砂遊びグッズ。バケツの中にシャベル等が入っている。持ち帰り可。

④料理教室(詳細は後で記載)

⑤ウェルカムカクテルとカナッペ(詳細は後で記載)

⑥Tシャツと帽子

生地が上質で我が家の寝巻と化しているTシャツ。ピンクのバッグは丈夫でカワイイ。
ママ用の帽子は大きすぎて持ち帰るのを諦めました・・。

⑦カヤック1時間(詳細は後で記載)

⑧上記に記載した、冷蔵庫の中のミニバー。ジュースがいろいろ入ってました。

⑨ウミガメと泳げるシュノーケリングツアーまたは他のモーターを使わないアクティビティ(詳細は後で記載)

という内容でした。結構モリモリじゃありません!?その他、事前に案内は無かったんですけど、プロのカメラマンによる写真撮影も入っていました。こちらも後程記載します。

カメラマンがいるデスク

お部屋で寛ぐ間もなく、もろもろの「予約」をしにロビーのある建物へ。まずはシュノーケルツアーを予約しにアクティビティのカウンターへ。次に料理教室の予約をしにレストランへ。そしてカメラマンのデスクで写真撮影の予約、売店でTシャツ等の受け取りをしました。

面倒くさくても到着後すぐに、諸々の予約を済ませる事をオススメします。のんびりしてると予約が埋まってしまいますし、今後の予定も立てられなくなってしまいます。

そして確定した私たちの滞在中のスケジュールはこちら↓

一日目:ウェルカムカクテルを頂きにレストランへ→プールで泳ぐ→夕食

二日目:朝食→写真撮影→ウミガメシュノーケル→カヤック→昼食→料理教室→屋内プレイグラウンドで遊ぶ→夕食

三日目:朝食→ビーチで遊ぶ→昼食→コーラルシュノーケリング(別料金)→帰路へ

こんな感じで、ターラスのパッケージをフルに使う感じで過ごす事にしました。意外と忙しそうですがワクワクです。

一通り予約をしながら、敷地内も探検。海がきれいすぎて、たまらず足だけ入ってしまいました。

ウェルカムカクテル&カナッペ @Asean Terrace Lounge

17時からウェルカムドリンクを頂けるとの事で、レストラン「Asean Terrace Lounge」へ。アルコールもノンアルコールもあったので家族全員楽しめました☆

ブッフェ台にはカナッペやデザートが。美味しかったですよ~。何だかんだ出発からいろいろ食べている気がします・・。甘いのとしょっぱいのがあると意外と沢山食べれちゃいますよね。

お腹が満たされた後は、もう夕方だけどプールへ。マレーシアは日没が遅いのでまだまだ外遊びできます。

ホテルのプールは基本的には綺麗ですが、一度オオトカゲが泳いでいたのを見てものすごく驚きました(笑)温度もあたたかくて気持ちいい!プールの床は少しずつ斜めになっていたので浅いところも深いところもありました。

夜ご飯 @The Cove

日も暮れてきました。そろそろ夜ご飯を食べに行きましょう~。初日の夜ご飯は水着のままホテル内のレストランThe Coveへ。

砂浜のど真ん中にあるレストランで、吹き抜ける風が気持ちいいです。

Mozzarella & Pomodoro RM32
Kids Spaghetti Bolognese RM20

洋食メインで食べやすいです。今回はパッケージに飲食代も一部含まれていたのでホテル内の食事を多くしましたが、ホテルを出てすぐのところにあるシーフードレストランに行く人も多いみたいですよ。

さらに日が落ちてくるとこんな素敵なライトを各テーブルに置いてくれます。いちいちオシャレ!楽しかった一日目があっという間に終わります。

部屋に戻る為ロビー前からバギーに乗ろうとすると、ロビーには沢山のコウモリが!!ビュンビュン近くを飛んでますけど、ロビーのお姉さんたちは動じず「グッドイ~ブニ~ング」とにこやかに挨拶してくれる。その光景がシュールで何となく印象に残ってます(笑)

バギーで送ってもらうと、客室の建物入口にもコウモリ!ヤモリ!もう何も見ないようにして速やかに部屋に入りました。自然が多いのである程度覚悟はしていたものの、もうここでは夜は出歩きたくないなぁと思ってしまいました。

シャワーを浴びようとしたら、お湯がぬるい・・。まぁ別に寒くないので家族全員我慢して浴びてしまいましたが、次に日に気付きました。ヒートタンクのボタンがある事を!

マレーシア在住の方ならお馴染みかと思いますが、マレーシアのコンドミニアムではお風呂に入る前にお湯を温める「ヒートタンク」のボタンを入浴数十分前に付け、消してから入浴するのが一般的です。ホテルでもヒートタンクのボタンを押す必要があるのは初めてだったのでウッカリしてしまいました。皆様はお気を付けください・・。

次回に続く!!

ザ ターラス ビーチ & スパ リゾートの値段を見てみる【Expedia】

*************
下記をクリックして頂けるとランキングのポイントが入ります。
クリックして応援して頂けるととっても励みになります。
参考になったよ~という方もポチ!

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング
タイトルとURLをコピーしました