子連れでマレーシア レダン島ターラス(THE TAARAS)滞在記➀ 出発からいきなりトラブル発生。私たちレダン島にちゃんと行けるの!?

スポンサーリンク
未分類

マレーシア レダン島 ターラスビーチに家族で行ってきました。トラブルあり貴重な体験ありの滞在記を、時系列でお伝えします。レダン島旅行予定の方、検討中の方、要チェックです!

レダン島 ターラスビーチに家族で行ってきた

先日、レダン島に家族で行ってきました。レダン島といえば「マレーシアで一番美しい島」とも言われていますね。マレーシア在中の日本人の間でも、とても人気の島です。

ですがアクセスがちょっと複雑で時間がかかり、逆に楽に行こうとするととてもお金がかかり・・という難所。

我が家もずっと行くのを躊躇していましたが、うさお(夫)が「どーしても行きたい!綺麗な海を見たい!」と言うので、満を持して行ってきました。

レダン島への行き方

レダン島は、マレーシアの東側にある島で「クアラトレンガヌ」という町から46kmの沖合にある島です。

クアラルンプールからの行き方は、大きく分けると3つ

➀クアラルンプールから車でクアラトレンガヌへ(約8時間)→船でレダン島へ(約90分)

➁クアラルンプールから飛行機でクアラトレンガヌへ(約50分)→車で港へ(約45分)→船でレダン島へ(約90分)

➂クアラルンプールから飛行機でレダン島へ(直行便 約60分)

クアラトレンガヌからの船会社や港は、いくつか種類があるみたいです。飛行機はクアラルンプール国際空港から行く方法、スバン空港から行く方法があります。フライトはSKS Airwaysやベルジャヤ航空等があります。

このように行くには何通りかの方法がありますが、我が家が選択した以外のルートについては詳細が分かりかねますので、ご了承ください。時期によっても利用できるルートや会社が変わってきます。

我が家はベルジャヤ航空によるチャーター便が含まれた、ターラスリゾートのパッケージを利用しました。おそらく、様々な方法の中で一番楽で、一番高い方法です(笑)

何度も行く訳では無いし、せっかく行くなら疲れなくて簡単な方法がいい・・と考え決めました。こちらのターラスリゾートのパッケージについては次回の記事で詳し~くレポします!

レダン島のベストシーズン

レダン島は一年中行く事ができる島ではありません。行けるのは乾季である4月~9月までの間のみ。それ以外はモンスーンの影響を受けるのでホテルや交通手段がクローズするみたいです。

ザ ターラス ビーチ & スパ リゾートの予約方法

我が家は先述の通りターラスの公式HPより航空込みのパッケージを予約しました。

Fly Me Away
Embark on a seamless journey to experience the crystal-clear waters and white powdery sand of Redang Island, Terengganu from Subang Airport, to the beautiful Th...

ホテルだけを宿泊する場合はExpedia等のサイトからも予約できます。

ザ ターラス ビーチ & スパ リゾートの値段を見てみる【Expedia】

ホテルについての詳細は次回以降の記事でたっぷりレポートします。

スバン空港から出発!ラクラクなスカイラウンジ待機

さて出発日の朝、クアラルンプールにある自宅からスバン空港へ移動しました。Grabで40分程で到着。今回はシュノーケルを沢山やる予定なので、荷物は沢山。

こういうフルフェイスのシュノーケルマスクや、

フィン(これはサンゴ礁を傷つけるので履くのが禁止でした。リサーチ不足による完全に無駄な荷物だった。)

こういうマリンシューズを持参。これらはクアラルンプールのデカトロンで買いました。あとはいつも持っていく水着・ラッシュガード・日焼け止めなど。マリンスポーツをする旅行は荷物が増えますね。

多くの荷物を持ちながらヨロヨロとスバン空港のチェックインカウンターへ。手続きを済ませると「ラウンジにご案内します」とスタッフの方が出てきてくれました。この辺がいつもの旅行と違う。

スバン空港の到着・出発ロビーがある階の一つ上にある、Sky loungeに案内されました。

スバン空港は何回か来たけどここにラウンジがあるの全く知らなかったな~。搭乗の準備ができたら呼びに来てくれるとの事で、ここでしばらくマッタリしていればいいらしい。ヤッター!

中は割と広くて、ラウンジ内にトイレもありました。20人ほどのお客さんが既にいました。半分くらいが欧米系のグループで他はインド系の方、中国系の方といろいろ。日本語を話しているのは私たちだけでした。

部屋の中央にはブッフェ台が。こちらは飲み物、食べ物全て取り放題です。サンドイッチやサラダもありました。

フレッシュジュースやコーヒー
ナシレマもあります
シフォンケーキ

ラウンジで軽食を取れる事を事前に友人から聞いていたので、朝食を軽めにしてお腹を空かせてきた私たち(笑)ナシレマやケーキを食べて満足でした♪

wi-fiも電源も完備でありがたや。ここで1時間程過ごし、搭乗時間になったら呼びに来てくれました。楽ですね。

ついに離陸・・!すると不穏な放送が・・。

チャーター機であっても普通のフライトと同じく手荷物検査などをいつもの場所でやります。でも手荷物検査の後はすぐ搭乗できるのでラクラク。

塗装が何とも美しい飛行機を見てテンション上がりまくり!レダンへのフライトといえば機内にトイレが無いとか体重を計るとかいうのを聞いていたのですが、それはSKS利用の場合かもしれません。今回乗ったベルジャヤ航空の機材はトイレ付きでした。体重も計りませんでいた。

スバン空港から国内旅行に行くときはだいたいそうですが、飛行機から伸びる階段を上って搭乗。

中は2列・2列の席で、キャビンアテンダントさんは1人っぽかったです。たった1時間のフライトですからね。

座席のポッケには「うちわ」が。このうちわ、なぜここにあるのか分かります。機内は搭乗した瞬間からめちゃくちゃ暑いですから。

マレーシアってどこでも屋内は寒すぎるくらい冷房が効いているので、これには驚きました。ベルジャヤ航空は暑いよと友人から聞いていたものの、ここまで暑いとは。冷房は付いているものの、風が冷たくないです。ずー---っとうちわで仰いでました。

ついに離陸!機体が上空に行くと少し暑さが和らぎました。

離陸して20分くらいすると、機長からアナウンスが。早口で音声も悪くちょっと聞き取れない。でも何か通常のアナウンスとは違う雰囲気。ちょっと聞き取れたのは「・・due to big issue」。え、何か問題あったの!?

ざわつく機内。そして飛行機の動き方も心なしかスムーズではなく急にスピードが出たり減速したり。そして数分後・・ゆっくりと着陸し始め・・スバン空港に到着しました!

え!?戻ってきちゃった!

CAさんによると機材に問題がある事が判明した為(←詳しくは教えてくれない)、スバン空港に戻ったとの事。ラウンジでちょっと待っててね、14時までには何とかなりそうと。ちなみにもともと11時発のフライトでした。

今までの人生で割とたくさん飛行機に乗ってきた方だと思いますが、離陸後に引き返したのは人生初でした。悲しさが半端ない!

ガーン、レダン島の滞在時間が3時間も減ってしまうではないか~!でもここはちゃんと問題がありそうと判断して無事にスバン空港に戻ってくれて、すぐ修理してその日中にまた飛んでくれようとするベルジャヤ航空ありがとう!と思う事にしました。めっちゃ高い旅費払ったから当然とは思わず

ラウンジにいたらベルジャヤ航空の人に無言で無表情で渡されたチキンライス。フライトが遅れてごめんねという意味でしょうか。レダン行きのお客さん全員に渡してました。コレめっちゃ美味しかった。

14時まで何しようかな~という感じでしたが、ラウンジでまったりしたりスバン空港内をウロウロしたりしていたら意外とすぐでした。子供達用にiPadやkindle持ってきて本当によかった。我が家はいつも旅行の時にはkindleを持っていくようにしてます。読み放題プランを利用しているのでWi-Fiがある限り永遠に読書できます。

同じフライトの欧米人グループは、ラウンジの床に寝たりしてました(笑)気持ちは分かる~。長時間座ってるのも疲れますよね。

スバン空港にあるゲーム機にいたクレヨンしんちゃんの表情のような感じに、お客さんがなってきた14時頃、「搭乗できます」とアナウンス。心の中では「14時と言われたから16時頃かな。最悪今日は飛ばないかも」と覚悟していた我が家、歓喜です!!

再度手荷物検査をし、2回目の搭乗!離陸!同じ機材でしたが、やっぱりさっきより揺れない。またうちわでパタパタパタパタしていたら、ほどなくしてCAさんがクリスピークリームドーナツのオリジナルグレーズドとジュースを配り始めました。お腹いっぱいだったけどモグモグ。おいしい。

するとすぐ着陸態勢に。今度はちゃんとレダン島に着陸しそうです。

窓からはいくつか島が見え始め、海の綺麗さにさっそく驚く・・。

ついにレダン島到着!

ついに到着~!島らしい、こじんまりしたカワイイ空港。

ここで預けた荷物を受け取ったり、Marine Park Conservation Fee(海洋公園維持費)というものを支払ったり。大人30RM/子供15RMで、現金払いのみになりますのでご注意ください。

ターラスの送迎車が空港で待っていてくれました。

空港からターラスまではバギーや車で10分程。風が気持ちいい!途中でレダン島の町を通るのですが、スタッフの方が「これが学校だよ」など説明してくれて楽しかったです。

さぁついにターラス到着。いったいどんな体験ができるのでしょうか!?チェックイン以降の話は次の記事で書きます!

ザ ターラス ビーチ & スパ リゾートの値段を見てみる【Expedia】

*************
下記をクリックして頂けるとランキングのポイントが入ります。
クリックして応援して頂けるととっても励みになります。
参考になったよ~という方もポチ!

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング
タイトルとURLをコピーしました