子連れでマラッカ(Melaka)旅行記①観光編 海峡モスク・ババニョニャヘリテージ・リバークルーズなど見所たくさん!

スポンサーリンク
未分類

子連れでマラッカに旅行に行きました。今回はマラッカの観光について時系列でレポします。マラッカといえばココ!な王道観光スポットを巡りました。感想、持ち物、注意点などを記載しています。

マラッカに子連れで行ってみた

先日家族でマラッカに旅行に行きました!マラッカ(Melaka)とはマレーシア南西岸に位置する、マラッカ州の州都です。2008年、マラッカはユネスコ世界文化遺産に登録されました。マラッカには沢山の見所があるものの、初めてのマラッカだった為、今回は有名な王道観光スポットを巡りました。

どんな雰囲気なのか!?子供にも楽しめるのか!?いろいろ不安でしたが結果的には家族全員、大満足の旅行になりました。これから行く予定の方、ぜひチェックしてみて下さいね!

マラッカへのアクセス。マレーシアのサービスエリアに初挑戦・・!

マラッカへはクアラルンプール中心部から車で2時間程で行けます。KLIA(KL国際空港)からはタクシーでおよそ1時間半程です。

マラッカ市内は観光地がまとまっている為、徒歩で散策できる所も多いですが、やはり昼間は暑いのでGrabでの移動が必要になる場合も多いと思います。

クアラルンプールからのガイド付きオプショナルツアーを利用して行くのも効率的に観光できると思います。

今回は自家用車で行きました。途中マレーシアに来て初めてサービスエリアに行ってみました。マラッカに近い「Sajian Kembara」というサービスエリアでした。

正直あまり期待していなかったのですが、綺麗で広くて驚きました!

食べ物のお店が沢山
子供用プレイグラウンドまである
トイレも綺麗

コンビニもあったのでそこで飲み物とおやつを購入し、トイレ休憩。そして再びドライブしてマラッカの街へ向かいました。

美しいマラッカ海峡モスクでうっとり・・。

マラッカ市内に到着。クアラルンプールを出発してから休憩をはさんで2時間くらい。まずは私の一番行きたい所を観光させてもらいました!

マラッカ海峡モスクです!素敵な佇まい。そして青い空とマラッカ海峡とのコントラスト。かなり感動しました。

厳かな雰囲気でシーンとしており、聞こえるのは波の音だけ・・。ガードマンの方に聞いてみたら建物内にも少し入っていいとの事で、見学させてもらいました。ただし端っこのみ。中央に入れるのはムスリムの方のみのようでした(時間によって違うかもしれません)。

靴と靴下を所定の場所で脱ぎ、裸足で中へ。

おぉ、マラッカ海峡を見渡せます。

マラッカ海峡モスクは夕日の絶景スポットとしても有名です。タイミングが合えばサンセットの時間にぜひ行ってみて下さいね!

ジョンカー・ストリートでチキンライスを食べる!

お腹が空いたのでチャイナタウンへ移動!

ジョンカーストリート入口

チャイナタウンの街歩きは車が多く(この写真はたまたま写ってませんが)、人も多く、おまけに深い側溝が沢山あってなかなかデンジャラスでした。小さいお子様と行く場合はご注意を。私も子供たちが側溝に落ちないかヒヤヒヤしながら歩きました。

一番有名な和記鶏飯店でチキンライスを食べようと思うも営業時間外だった為に、近くにあった「Famosa Chicken Rice Ball」というお店で名物のチキンライスボールを頂く。

とにかく街歩きで汗だくだったため、マレーシア版ポカリ「100plus」をゴクゴク。体に染み渡る!

料理が到着。なるほどこれがマラッカ名物チキンライスボール!ライス自体にも少し味がついていて美味しく、一口大なので食べやすかったです。

チキンは骨が多かったけれどもマレーシアではだいたいどこもそうですね。味付けはクセが無くて美味しかったです。

食べ終わってトイレをお借りしたのですが、ここのお店奥行きがあって驚きました!マラッカの建物はこのように縦に長い建物が多いそうです。

ご飯を食べていた部屋を抜けると中庭が。

中庭の後にはまだ部屋が続く!そしてトイレは外にありました。

ただご飯を食べるだけでも様々な気づきがあるので旅行って楽しいですよね。

ババニョニャ・ヘリテージでプラナカン文化を学ぶ!

お昼を食べた後は一度ホテルに荷物を置きに。本日の宿は「カーサデルリオ メラカ」というホテル。ここが最高過ぎたのでホテルについては次の記事でたっぷり書きます。

チェックイン時間前だったのでフロントで荷物だけ預かってもらうつもりが、もうお部屋の準備ができているのでチェックインでいいですよ~と素晴らしいサービス。チェックインを済ませ、お部屋で少し休んでから、ホテルから徒歩10分の「ババニョニャ ヘリテージ」へ行きました。

「ババニョニャ ヘリテージ」とは昔の邸宅をそのまま博物館にした施設。マレー系と中国系の合わさった独自のプラナカン文化を知ることができます。

大人16RM,子供11RMの入場料がかかりました。有料のガイドツアーもあるそうです。この日は時間が合わずツアーには参加しませんでした。

でも入口で日本語のガイドブックを貸してくれたので、ガイドさんがいなくても沢山の情報を読みながら見学する事ができました。

家具の一つ一つまで、ため息が出る美しさ。

この階段なんかはセキュリティの為に夜は蓋をパタンと閉められるようになっているそう。プラナカンの豪邸、すごいわ。

私がここのお嬢様だったらここの部屋でお昼寝したいわ、などと妄想しながら見学してました。

ここのお土産が可愛かったので少し購入。

美しいものを存分に見れて大満足。子供たちも喜んでいました!

リバークルーズでウォールアートを楽しむ!

一度ホテルに戻りプールで遊んだ後、夕方リバークルーズへ、

ホテルはリバークルーズ乗り場目の前なのですが、いかんせん川を挟んでいるので橋までグルっと歩かないといけません。徒歩15分くらいはかかりました。

奥に見えている大きい建物が本日のお宿「カーサデルリオ メラカ」

クルーズのチケットはスマホでも買えますし、現地でも買えます。乗船時間までの間ウロウロしてたら、気づくと列ができていて順番が最後になってしまいました(笑)

うろつかず並んでたら希望の席に座れるかと思うので、皆様は私のようにならないようご注意を。

一番後ろの列でしたが景色は問題なく見れます。

ウォールアートやオシャレな建物が川沿いに並んでいて見飽きません!片道20分くらいで、同じルートで復路も進むので40分くらいの乗船時間です。

船はほとんど揺れないので、酔いやすい私も船酔いはまったく大丈夫でした。

この時は17時頃で、ちょっと暑いな~と感じるくらいでした。多分昼間だと暑くて大変なんじゃないかな・・。夜のクルーズはライトアップされてて人気みたいです。

世界遺産の街歩き。オランダ広場などで歴史を学ぶ。

クルーズ後はホテルでのんびりし、歴史散策は翌日の朝食後にしました。昼間は暑いので午前中か夕方以降に散策するのをお勧めします。

マラッカの歴史を簡単に書くと、15世紀にマラッカ王国が誕生し、16世紀に入るとポルトガル・オランダ・イギリスの統治が続きます。その為マラッカは西洋の雰囲気と東洋の雰囲気がミックスされた独特の雰囲気の街ですし、歴史的建造物も多数あります。

砲台
マラッカキリスト教会
フランシスコ・ザビエル教会
セントポール教会跡

一つ一つの史跡を解説すると長くなってしまうのでここでは割愛しますが、散策中はぜひガイドブックを片手にこの建物が何なのかを理解しながら散策するととても面白いと思いますし、お子様にもいい学習の機会になると思います。

でもやっぱりマラッカはそこら中に深い側溝があるので小さいお子様は落ちないよう注意!

セントポール教会跡は小高い丘の上にあるので、景色もとてもいいです。上り坂なので行くのはちょっと大変ですが、おすすめの場所です。

今回は天気に恵まれましたが、マレーシアは急にスコールが来ることもあるので、雨具は常に携帯しておく事をお勧めします。あと暑いので水分も忘れずに。

その他、我が家ではチャレンジしませんでしたがトライショーというド派手な人力車に乗るのもマラッカでの王道観光です。気の小さい我が家のメンバーは爆音とネオンピッカピカで走るトライショーはちょっと無理でした・・(笑)

マラッカ観光まとめ

・散策中は雨具と暑さ対策(水分など)があった方がいい。

・見所がコンパクトにまとまっているので観光しやすいが、暑かったりスコールが来たりする事もあるので念のためGrabのアプリを入れてすぐタクシーを呼べるようにしておいた方がいい。またガイドと送迎付きのツアーを利用してしまうのも効率的でおすすめ。

・深い側溝や車が多いので小さいお子様と行くときはご注意を。

マラッカは独特の雰囲気が何とも魅力的で、お気に入りの街の一つです。次回宿泊した「カーサデルリオ メラカ」について、テンション高めにご紹介します。ホテルも観光も最高だったマラッカ旅行、また行きたいです!

*************
下記をクリックして頂けるとランキングのポイントが入ります。
クリックして応援して頂けるととっても励みになります。
参考になったよ~という方もポチ!

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング
タイトルとURLをコピーしました