子連れでランカウイ(Langkawi)旅行記➁ スカイブリッジ(SkyBridge)に行く為にオリエンタルビレッジへ。スカイキャブ(Sky Cab)は怖い!?

スポンサーリンク
マレーシア

子連れでランカウイ旅行に行ってきました。時系列でレポートします。子連れランカウイ旅行の楽しみ方や注意点等が分かります。

今回は1日目に行ったオリエンタルビレッジとスカイブリッジについて記載します。

オリエンタルビレッジ(Oriental Village)/スカイブリッジ(SkyBridge)/スカイキャブ(Sky Cab)とは?

前回の続きです。

ランカウイに到着し、レンタカーでまずはオリエンタルビレッジという場所に向かいました。オリエンタルビレッジとはマチンチャン山麓にあるレジャー施設ですが、そこにある「スカイブリッジ」観光をする為です!

スカイブリッジとは、ランカウイ島にある人気の観光地で、全長15mもある吊り橋です!2005年に完成したそうです。

画像は公式HPよりお借りしました

事前に調べた所、スカイブリッジに到着するまでの道のりがなかなか大変で、オリエンタルビレッジからスカイキャブというケーブルカー(日本で言うロープウェイ)に乗るのですが、それが結構怖いらしい。

そしてケーブルカーを降りた後もスカイブリッジまでは山道を歩くか激混みの小さい乗り物に乗らないといけないらしい。

・・・いろいろ不安ですが、とにかく行ってみる事にしました。

オリエンタルビレッジへの行き方

オリエンタルビレッジはランカウイの北西部にあるレジャー施設で、空港からは車で30分程かかりました。

ランカウイは公共交通機関が無いので、基本的にはタクシーかレンタカーで移動する事になります。

こういう移動しづらい場所であれば、ガイド付のチャーターを手配してしまうのもいい方法ですね!

自由観光!ランカウイ・ガイド専用車チャーター(JTB)

Oriental Village | Official Website for Langkawi Cable Car
Oriental VillageWhere you can get everything in one place Oriental Village Oriental Village story Share on facebook Share on twitter Share on linkedin Share on ...

オリエンタルビレッジを探索!

車を駐車場に止め、スカイキャブ乗り場を目指して歩く・・。まずこの吊り橋を渡らないとオリエンタルビレッジに入れません。

手すりがこんな感じだし結構揺れるので、後ろを歩いていた3歳くらいの女の子が落ちないかヒヤヒヤしました。子連れにはまずここが試練ですね(笑)

オリエンタルビレッジ内は池があったりお店があったり。ここもゆっくり探索したらいろいろな発見がありそうな場所です。

スカイキャブ(Sky Cab)の乗り場へ

乗り場に到着。平日の13時頃ですが、既に列が・・。でもこれ結構短い方らしくて、列はどんどん進み待たずに乗れました。なぜ空いていたかは続きをお読み頂ければ分かります。

チケットカウンターで、恐ろしい事を言われます。

「本日はスカイグライドが修理中の為、ケーブルカーを降りた後は歩いてスカイブリッジに行くしか無いですが、いいですか?」

どういう意味かは、次の項で詳しく説明します。私は「絶対嫌だ、スカイブリッジは諦めよう!」と思いましたが、家族は「歩いてもいいから絶対行きたい!」と。母がぐずってもしょうがないので、諦めて家族全員で行く事にしました。

乗り場でペットボトルを没収されます(帰りに回収できます)。6人乗りのキャビンでしたが、家族4人で1台使わせてもらえました。混雑時は相席もあるみたいです。

このスカイキャブ、事前リサーチによると「怖い!」「高所恐怖症の人は注意!」等いろいろ書いてあったのでちょっとドキドキでした。

このケーブルカーからの景色はこんな感じ・・。たしかに高い!高い所が苦手な人は目をつぶった方がいいかも・・。揺れはそんなにないですが、風が強い日は揺れそうですね。

このケーブルカーは、麓の「Base Station」、中腹の「Middle Station」、頂上の「Top Station」の3駅があります。

麓から乗ると15分程乗り、途中駅で一度ドアが開きます。スカイブリッジまで行くならそのまま乗り続けて大丈夫です。小さいお子様を連れている場合は、一度ドアが開いて危険ですので抱っこしたりする方がいいかもしれません。

スカイブリッジへの行き方は2つ

さて、ケーブルカーを降りた後はいよいよスカイブリッジを目指します。行く方法は二つ。

①スカイグライドという乗り物で行く

➁歩く

今回は先述の通り歩くしか手段が無かったので、意を決して歩きましたよ。

さぁ歩きましょう

この歩くルート、なめない方がいいです!かなり急&手すりが無い所が多い&狭い!階段あり急カーブあり。森の中を歩くので虫もいます。

普段からハイキングやトレッキングに行く方には簡単な道のりかと思いますが、あまりそういうのをしてきてない人(私)にとっては泣きたくなる道のりでした。

あとは子供達が転ばないか心配で・・。結果的には転ばず、むしろ私が一番ゼイゼイ言いながらフラフラ歩いてました。ちゃんと時計を見ていなかったけど・・15~20分くらい山道を歩いた気がします。余裕が無くて写真も撮れませんでした。

でも子供を肩車しながらヒョイヒョイと登ってるパパとかもいたので、平気な人には平気な道なのでしょう。

画像は公式HPよりお借りしました

ちなみにスカイグライドという乗り物はこんな感じらしい。確かに小さいので混雑時は長時間待つ事になりそうですね・・。

スカイブリッジに到着

さんざん文句を言ってきましたが、ついにスカイブリッジに到着できました!

が・・曇ってる~!!晴れていれば眼下に素晴らしい景色が広がっているはずです。でも曇ってるお陰で怖さはありませんでした(笑)ここは海抜660メートルらしいです。

画像は公式HPよりお借りしました

床が透明になっている場所もあるので、スリル満点です。

既に汗だくでフラフラ・・水分は入口で没収されたし・・と悲しんでいたらスカイブリッジでお水を売ってましたよ!お水を飲んで、普段から持ち歩いている熱中症対策飴を舐めてちょっと復活。

↓こういう熱中症対策の飴をマレーシアでは常に持ち歩いています。


ちょっと雨が降りそうだったので(ここで降られたら大変。。)急ぎ足で帰りました。

帰りのケーブルカーからの景色

オリエンタルビレッジ・スカイキャブ・スカイブリッジに行く時の持ち物・注意点まとめ

スカイキャブ乗り場でお水は没収されます。事前に飲んでおきましょう。

スカイキャブ後に歩くルートは平坦な道では無いので注意!

暑さ対策・虫対策・傘は忘れずに。

高所恐怖症の人は注意が必要です。

怖かったり暑かったり疲れたりもしたけど、頑張ってスカイブリッジに行けたのはいい思い出です。ランカウイに行ったらぜひ行く事を検討してみて下さいね!

【H.I.S.】絶景!スカイブリッジとスカイキャブ(グラスフロア)乗車(昼食付)ランカウイ島(マレーシア) のオプショナルツアー|海外現地ツアー格安予約
ランカウイ島(マレーシア) の絶景!スカイブリッジとスカイキャブ(グラスフロア)乗車(昼食付)の観光ツアー、オプショナルツアーを格安で予約するならHIS!おすすめの観光ツアーやアクティビティ、体験ツアー、世界遺産ツアーを簡単に検索・予約!現地支店が24時間サポートで安心。限定割引やキャンペーンなど現地ツアーがお得!
*************
下記をクリックして頂けるとランキングのポイントが入ります。
クリックして応援して頂けるととっても励みになります。
参考になったよ~という方もポチ!

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング
タイトルとURLをコピーしました