マレーシア クアラルンプール近辺のショッピングモール 体験記まとめ

スポンサーリンク
マレーシア

クアラルンプール在住のみやこうさぎです。クアラルンプールはショッピング天国!沢山の魅力的なモールの情報をこちらにまとめました。お隣のスランゴール州のモールも含まれています。

どこにショッピングに行こうか迷ったらぜひご確認下さい!

マレーシアには沢山のショッピングモールがあります。国内には500以上のモールがあるという噂も・・。暑いマレーシアでは日中は外で過ごすよりクーラーの聞いたモール内の方が過ごしやすいので、生活に根付いているのかもしれません。

各モールごとに特徴があるので、様々なモールに行くのがとても楽しいです。日本ではあまり見かけませんが、アイススケートリンクがあったり熱帯雨林があるモールも。子供用のプレイグラウンドがあるモールも多いです。

また、日本よりも季節ごとのデコレーションがド派手で凝っているイメージがあります。

実際に行ってみた感想をまとめましたので、ぜひチェックしてみて下さいね!

クアラルンプール市内の移動は便利な貸切チャーターがおすすめ!

クアラルンプール観光貸切チャーター車 半日/1日

クアラルンプール

Pavilion Kuala Lumpur(パビリオン クアラルンプール)

クアラルンプールの繁華街ブキッ・ビンタンにある巨大なショッピングモールです。550店以上のテナントが入っており、フロア面積は東京ドーム2.7個分もあるとの事!

季節ごとに変わる飾りつけも圧巻です!

Lot10(ロット10)

ISETANや東京の美容室、日本食レストラン街などもあり、日本人にとって過ごしやすいモールです。ドンドンドンキもあります。

Mid Valley Megamall(ミッドバレーメガモール)

1999年11月にオープンし、400店以上の店舗があります。総床面積は約15万8000㎡(東京ドーム約3.4個分)で、マレーシアで6番目の大きさになります。

日系企業の店舗が多く、日本人にとってはとても買い物しやすいモールかと思います。我が家も一番多く利用しているのがこちらのモールです。

SURIA KLCC(スリアKLCC)

クアラルンプールのランドマークであるペトロナスツインタワーの麓にあるショッピングモールです。総店舗数は300以上、高級ブランドからファストファッションまであり、飲食店も多く入っています。

紀伊国屋書店などもあり、意外と日本人向けのお店も多いモールです。

Sunway Putra Mall(サンウェイプトラモール)

「サンウェイラグーン」などで有名な「サンウェイ」グループによるショッピングモールで、2015年にオープンしました。

外国人観光客は比較的少な目で、ローカルの雰囲気漂うモールです。

LALAPORT BUKIT BINTANG CITY CENTRE(ららぽーとBBCC)

2022年1月に新しくオープンした「ららぽーとBBCC」。東南アジア初のららぽーとで、多くの日系企業が入るという事で話題になりました。商業施設、オフィス、住宅、ホテル等が融合している大規模な施設になります。ニトリやしゃぶ葉など、生活のQOLが上がる店舗多し!

クアラルンプール (モントキアラ周辺)

163 Retail Park (163リテールパーク)

モントキアラにある比較的新しいショッピングモールです。人気のラーメン屋「官兵衛」なども入っています。

Publika(パブリカ)

「駐在員御用達」といわれるモール。オシャレで高級感があります。建物上部にはコンドミニアムが直結しており、日本人も沢山住んでいるそうです。

和食レストランが多く、何度も行きたくなります。

セランゴール州

1UTAMA Shopping Center(ワンウタマ)

1995年にオープンした、約700店舗が入るマレーシア最大、東南アジアでも最大のショッピング・モールです。

モール内に熱帯雨林があったり、スカイダイビングの体験ができたり、家族で楽しめるアトラクションが盛りだくさんです。

いかがでしたでしょうか。それぞれが個性あるモールで、何度も行きたくなります。また情報は随時更新していきます。

クアラルンプールで楽しいショッピングタイムをお楽しみください!

*************
下記をクリックして頂けるとランキングのポイントが入ります。
クリックして応援して頂けるととっても励みになります。
参考になったよ~という方もポチ!

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング
タイトルとURLをコピーしました